マラケシュ発ツアーマラケシュ発
秘境の村と大砂丘2泊3日

マラケシュ→イムン・イフリ→ワルザザード



朝8時、市内の集合場所から出発。
平野を抜けながら、山間部の街、デムナットを目指します。日曜日にはスークが開かれるので、日曜日出発のお客様は簡単なスーク見学も可能。
観光地ではない田舎町の市場を覗き見ながら、いざ、イムン・イフリへ!到着後は、長い階段を降りて、巨大洞穴の見学へ。降りて登って約30分。運動し慣れない方は、下りずにお待ちいただいても構いません。
天然の造形美を味わった後は、同じく奇跡的に地表に現れている恐竜の足跡見学へ。赤い大地に転々と続く足跡に太古の生命の息吹を感じながら、恐竜の時代へ気分はタイムスリップ。モロッコが持つ自然遺産の一端をお楽しみ下さい。

見学後、車はさらにアトラス山中深くへと進みます。道中、小さなベルベル村の伝統家屋でお昼ご飯。
お客様の訪問に合わせて丁寧に作られた自家製タジン。家庭料理のあたたかさをお召し上がり下さいませ。パン焼き窯の他、伝統家屋の中でどんな風に家畜が飼われるか等、山岳地帯に暮らすベルベル人の日常生活の一端をご覧いただけます。
(お手洗いはモロッコ式でトイレットペーパーはありません。詰まらせないためにも、水溶性の紙をご利用いただくとともに、ご利用は最小限でお願いいたします)

昼食後はこのツアーのハイライトとも言える、山奥のベルベルの秘境の村へ! 道中の風景の美しさもさる事ながら、ティグルムトと言われる石と木と土で作られた古い伝統建築は、山に張り付くようにそびえ立つ摩天楼のよう。高いものは5階建てにもなる建物群は、古いもので500年前の建築とか。
古の伝統が、今も人々の暮らしの中にある姿は圧倒的な迫力。観光地化している幹線道路沿いの村とは比べものにならない存在感とリアリティーの中で、現代に生きる古の暮らしの力の強さを感じていただきます。
(月曜日はこの付近に小さな市が立つので、モロッコ国内でも珍しくなった、山岳部の伝統的な小さな市の様子をお楽しみいただく事が可能です)

村を出発した後は、山間を流れる清流やクルミの木々の緑等、アトラス山脈の山岳美をお楽しみいただきながら一路ワルザザードへ。
個人旅行ならではのルートどり。他社ではご案内できない特別な1日をお楽しみ下さいませ。
※ 冬期の雪、夏期の大雨等の状況によっては、通常の「メルズーガ大砂丘2泊3日」コース1日目と同様の内容に変更させていただく可能性がございます。あらかじめご了承下さいませ。
※ また、非常に細かいカーブの多い山道となります。車酔いされる方は、酔い止めをご用意いただき、イムン・イフリの洞窟見学前あたりから飲んで頂くと良いでしょう。
※ このツアーは足場の悪い所を歩きます。歩きやすい靴でご参加下さいませ。
移動距離:約220km
お食事:朝ー 昼○ 夜○
ホテル:Tishka Salam、Jardin de Ouarzazate他同等クラス
その他アップグレードホテルリストを見る





ワルザザード→ダーデス谷→メルズーガ



8:30にワルザザートを出発。旧50DH札にも描かれたスコーラのカスバ、アムリディルにてフォトストップの後、カスバ街道を進みます。5月には街がほのかなバラの香りにつつまれるバラの産地、ケラァ・デ・ムグーナでトイレ休憩&ローズ製品のショッピングをお楽しみいただいた後、ブーマルン・ダーデスの街からダーデス谷へ。
観光バスが入りにくいというだけで、トドラ谷に劣らない地質的景勝地の「猿の手」または「アトラスの内臓」とも呼ばれる奇岩の風景を楽しんだ後、昼食。
昼食後は、一路メルズーガ大砂丘を目指します。

砂漠到着後、キャンプ泊ご希望のお客様は、そのまま四駆をラクダに乗り換えて約1時間半、砂丘の奥のキャンプ地を目指します。オレンジ色の砂丘が、1日の中でも最も美しい色に染まる時間帯を、ラクダの背中にゆられながらお楽しみ下さい。
キャンプ地出されるハリラとタジンの夕食は、シンプルながら「もっとこの旅のハイライトとして書いてもいいのではないかと思うくらい美味しかった!」とお客様に言われる事も少なくない、ラクダ引きさん手作りの美味しいご飯♪温かいお食事をお召し上がりいただいた後は、就寝までのひとときを、満天の星空の下、ご自由にお過ごし下さい。

ロッジ泊をご希望のお客様は、日の入りの時間を徒歩にてめいめいにお過ごしいただき、翌日の日の出時にラクダの背中に30分ほどゆられての見学にお出かけいただきます。 日の入りの見学時にもラクダでのお散歩をご希望のお客様は、あらかじめご連絡いただくか、現場でスタッフにお申し付け下さい。お一人様150DHにてご案内させていただきます。 ※日の入りの見学場所は時期、当日の天候等によって異なります。冬期の日照の短い時間帯には、日の入り見学を砂丘の手前など見晴らしの良い所で行う場合もございます。あらかじめご了承下さいませ。
※ラクダに乗っている時間は、砂丘の状態やラクダ引きの足の速さ等によってばらつきがあるものの、キャンプ地の位置は同じです。

移動距離:約350km

お食事:朝○ 昼○ 夜○
ホテル:キャンプ泊 or Cafe du Sud泊
その他アップグレードホテルを見る




メルズーガ→タザリン→マラケシュ



キャンプ泊のお客様は、そのままキャンプ地にて砂丘の向こうから昇る日の出をお楽しみいただき、その場で朝食。その後再びラクダにゆられてロッジへと戻ります。
ロッジ泊のお客様は、日の出前にホテル前に集合し、砂丘からの日野で見学に出発。集合時刻は季節によって異なりますので、前日夜に、ホテルレセプションにてご確認下さいませ。日の出見学後、ホテルに戻り昼食となります。
両プランのお客様共準備が整ったら車に乗り換えて、9時頃には砂漠を後にし、アカシアの木々と、より乾燥した大地がアフリカを感じさせる南周りのルートを使ってワルザザートを目指します。

道中、タザリンにて昼食。昼食後は「シェルタリングスカイ」「バベル」等の映画撮影にも使われた、オアシスのヤシの林とカスバの村々の織りなす南部らしい風景、アンチアトラス山脈の奇妙な褶曲地層の織りなす山岳風景などをお楽しみいただきながら、ワルザザート経由でマラケシュを目指します。20~21時ごろにはマラケシュ到着。 弊社にてホテル手配のお客様はホテル、又はその近くの広場まで、その他のお客様は、フナ広場近くのGland Hotel Tazi前までお送りしてツアー終了。
移動距離:約580km
お食事:朝○ 昼○ 夜×
ホテル:宿泊は含まれませんが、手配は可能です。
マラケシュホテルリストを見る


■ 秘境の村と大砂丘ツアー価格
ツアー参加人数 ※ 1名様 2名様 3名様 4名様
通常料金 7580 DH/1人 4480 DH/1人 3480 DH/1人 2990 DH/1人
ハイシーズン
シングルルーム追加代金:190 DH ※:シングルルーム追加代金込み
ページのトップへ戻る